議会報告 平成27年度第5回定例会

2015-11-02

平成27年度第5回の岡谷市議会定例会の一般議案について説明します。
今年は市長選のため例年9月に行われている議会が10月開催となっています。
また本議会は決算議会ということで一般議案と決算議案が上程されます。

一般議案となっているもを簡単にまとめてみました。

■報告第16号 専決処分の承認を求めることについて

岡谷病院にて異なる病名及び部位に対する施術が行われて、傷害を与えた。
和解により140万円

 

■報告第17号 専決処分の報告について

中央町の立駐の天井が腐食により落下、車に損害を与えた。52000円ほどの損害賠償額
(和解額は議会の議決事項ではない。和解と損害賠償額は議会の議決)

 

■一般会計補正予算(第3号)

報告第17号に係わる補正予算

 

■岡谷市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

市長・副市長・教育長の給与を減額する条例、3期目も1,2期と同じように減額する。市長月額90,500円の減額

■議案第63号 岡谷市教育委員会の選任について

倉田啓子氏の任期満了による選任

■議案第64号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

清水美代子氏の任期満了による

■議案第65号 岡谷市手数料条例の一部を改正する条例

マイナンバー制度に関する条例の改正
通知カードの再発行 1件500円
個人番号カードの再交付 1件800円
初回は無料、二度目以降の発行手数料

 

■議案第66号 岡谷市営住宅条例の一部を改正する条例

福島復興再生特別措置法により条ずれにより改正
入居者の資格:福島の避難地区に住む人は無条件で岡谷市営住宅に入れるという内容。

 

■議案第67号 岡谷市消防団等公務災害補償条例の一部を改正する条例

厚生年金と共済年金が一本化されることによる改正。
遺族年金など活動中の保証が共済年金と連動していたので、一元化されても従前通りになるための改正
特殊公務災害は1.5倍

■議案68号 工事請負契約について

岡谷西部中学校第二体育館・プール改築工事
契約金額が3億2千万円ほどで議会の議決が必要
落札率98.52%
予定価格以下の金額での入札は2社(興和工業99.0点、山岸建設)
完成は29年の2月(卒業生に少しでも使ってもらいたい)
制限付き一般競争入札(総合評価落札方式)
6社による入札、予定価格内は2社 2社により総合評価落札方式が適用された。
建築工事で3億円を超えた場合は広域案件となる。
29年2月28日が工期

■議案第69号 市道路線の認定について

新東堀保育園の移転のための認定
一部は引き取り、一部は新設の道路
引き取る条件には適合している。

■議案第70号 岡谷市一般会計補正予算(第4号)

2款1項1目 積立金 財政調整基金 1億円(繰越金より)
寄付金による積立金
ふるさと納税が145件 194万円 還元率2千円相当 一番人気は、うなぎ
165件の寄付があった。ふるさと納税の累計額は250万円。(昨年は130万円同時期)

 

社会福祉総務費

ロマネットの天井材崩落により、バーデプールのために臨時職員給与 労基法により6割を支払わなければならないため、カードによりバーデプールを使用するために購入していた方の分を買い取るための費用
928千円
中国残留邦人等支援の給付金追加分 医療費分が不足するために、2名が該当する。国が3/4の負担

 

湖周地区ごみ処理施設費

一般廃棄物処理事業債があたる予定だったが、売電にあたる部分の工事は2市1町で負担していく。

 

農道水路整備費

小水力発電の調査をするための費用 間下のポンプ ハンノキ沢 とちくぼがわ(港) 可能かどうか、採算があうか調査を行う。国より補助

林業振興事業費

3月31日の川岸山林火災により、協議会を設置して協議し一定の方向がでた。
2カ所は保安林として治山事業として復旧してもらう。2カ所は造林事業に利用する。林業のための林道は県が支援してもらう。5年計画で実施していく。480万円のうち、240万円が事業費、事業が終了して支払われる費用なので、事業のために貸付金240万円
180万円は国からの支援、60万円は見舞金

 

観光宣伝費

無線LAN環境整備補助金
県が地方創生の関係で、外国人のための宿泊施設・交通事業者に補助
交通事業者がアルピコ交通、ララの中に無線を設置する。

 

道水路等新設改良費

病院が新設される関係で道路も信号も整備されてきている。
交差点の右折車線を新設するための費用

 

学校統合推進費

岡谷小学校の統合にともない、国より統合に関して魅力ある学校づくりのため国からの委託金
全国で5つ認められて、岡谷市が選ばれた。
岡谷小学校の統合を契機にして、魅力と活力ある学校づくり
3年間の事業期間、調査研究対象校
3つの事業、

ものづくり体験事業(多脚ロボットのプログラミング)
対象校の4年生が対象、テクノプラザにて行う

児童交流事業(スケート教室の帰りに交流を図る)
1年生から5年生まで対象

有識者からのアドバイスが必要、そのための講師謝礼

コミュニティスクールの導入
統合校の特色を生かした授業の養成
製糸シルク、ものづくり地域資源を生かしたカリキュラム

 

岡谷市病院事業会計補正予算

土地購入費

岡谷病院の敷地で、借りている個人の土地が2カ所ある。

378.34平米、100坪程度

1,070万円で購入

 

以上です。

いずれも原案の通り可決承認される見込みです。

Copyright(c) 2015 共田たけふみ All Rights Reserved.